2014年06月

竜騎士の初動について

ryusan.jpg


さて皆さん初動でDPSを出すためにどのようにスキルまわしを行っていますか?
多くの方が桜継続ループのまま、アビリティを挟み、桜前に捨身を使ってそのままバフはリキャストごと だと思いますが
今回紹介するのは一歩上へ行くためのスキル回しです

ヘヴィスラスト⇒足払い⇒インパルスドライブ⇒竜槍⇒ディセムボウル⇒捨身⇒桜華狂咲
二段突き⇒ジャンプ⇒トゥルースラスト⇒スパインダイブ⇒ボーパルスラスト⇒ライフサージ⇒フルスラスト
ドラゴンダイブ⇒ヘヴィスラスト⇒足払い⇒発勁⇒インパルスドライブディセムボウル桜華狂咲 (捨身切れ)


多少わかりやすいようウェポンスキルは赤色で書いてみました。
まずどこが普通と違うのか?ですが、最後の3スキルが違います。
ほんの少しだけ竜騎士スレでも話題になりましたが、捨身が最後まで乗るならばフルスラコンボではなく、
桜コンボを選択したほうが合計威力が高いのです。
フルスラコンボを選択した際の3スキルの合計威力は1116ですが、
桜コンボを選択した際、桜は19~20秒ほど経過しておりDoT6つが無駄になった状態ですので
DoT4つ分の桜威力として計算しても、3スキルの合計威力は1164となります。

また、発勁を捨身前に使うとこの捨身桜で上書きするときに発勁の乗っていない桜になってしまいます。
そのためサージフルスラを撃った直後に入れて、桜上書き時に発勁を捨身桜に乗せつつ
直後の二段、そしてフルスラストに発勁を乗せられるヘヴィ後に使いましょう。

最後の桜までいれるためのスキルスピードに関しては
前回の記事で書いたマクロを使っていれば、SS407から最後の桜が入るようになります。
ただし、入力を受け付けるタイミングは環境次第な面もあるので、
木人で練習してみて418~437ぐらいにするのがいいと思います。
スレで言われている、450だとかそういう数字を鵜呑みにせずに、
自分が木人や、クリアを目標にしているコンテンツで練習してみてスキルスピードは調整してください。

自分のロドストのこの記事を参考に、改めて見直して今回は記事を書きました。
桜継続改

スポンサーサイト

アビリティ先行入力について

FF14はアビリティの先行入力を受け付けない仕様のため、
最速で入力をしたいときに色々と不都合が出てきます
特にバフ回し・攻撃アビリティをクールダウンごとに使っていくDPSでは
入力がうまくいかなかったせいで1GCD分遅らせてアビリティを使用する…
といった妥協をしている方も大勢いると思います
また、竜騎士では出来るだけ早い入力を行うことで捨身が乗るアクション数が増えることがあり
アビリティを先行入力したいというのは、深く竜騎士をプレイしている方にとっては共感してもらえると思います。

jump.jpg

このように1行micon、(リキャストの暗転表示がされるのでアイコン見て管理できます)
残り14行全てwait無しのacでマクロを組むことで0.2~3秒程度の先行入力が効くようになります。
PC版ならパッドでも連打マクロをキーバインドツールに仕込んでおくとか、
キーボマウスでマクロ付のを使うとか最速入力に近づける方法はたくさんありますが
PS3,PS4の場合そういうものは使えませんし、
また外部ツールやハードウェアマクロが嫌いだ!という方でも、
アプリケーションが提供している仕様として使えるので胸を張って使えます。
ぜひぜひ有効活用してみてください

FF記事用にチェブロ使います

やっぱねーFC2ブログつかいやすいんだよねー
好きな音楽の記事投稿してるなかにどかっとFFの記事書くのもよくないしね

Mandragoraサーバーの 「 Ricerca Lorraine 」(りちぇるか・ろれーぬ)です
ロードストーンでも日記は書けるのですが、よりパブリックな話題を取り扱うとき
自分でも後で日記から自分が書いたことを思い返すのがめんどうなので
昔使ってたブログをこうして使いまわしております。

最近の活動内容は竜騎士では週1バハムート侵攻編
4層までクリア済みなのでハイアラガンガチャです
また、極蛮神レアドロップ「馬」用リンクシェルで極蛮神周回
ぼちぼち金策のためクラフターアクセ錬成をバディチョコボ上げと並行
2.28アップデートでノウスが実装されてしまったので、アニムスにするべく黒でブレフロ神話周回
サブキャラクターの「 Lishe Lorraine 」(りっしゅー・ろれーぬ)では
召喚を50にしてあるのでFCメンバー+仲の良いLSの方と侵攻編 まだ1層未クリアですが…

こんなとこでしょうか?
毎日更新を目指してがんばっていきたいと思います。よろしく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。